Newspaper article

In February, this article about our class appeared in the Kumanichi. 二月に、私たちのゼミに関するこの記事が熊日に掲載されました。Right-click on the image to download it or view it at full size. ダウンロードする、あるいはフルサイズで閲覧するためには映像の上を右クリックしてください。


I like the picture and think that the article is a nice memento. 写真も気に入っていますし、記事が良い記念になっていると思います。

Unfortunately, though, some of the content is mistaken. しかし、残念ながら、一部の中身に間違いがあります。For example, the Japanese participants are primarily sophomores but the article says that juniors and seniors participate in the seminar. 例えば、実際は日本人のほとんどは2年生ですが、「3、4年生」が参加するゼミとなっています。

Also, there's a quote from me in the article but it's not an exact quote. また、私からの引用が入っていますが、正確な引用ではありません。The reporter has summarized what he thought I was saying in his words, not mine. 記者の方は私が話していたことを自分の言葉で要約したのであって、私が言ったことが文字通り引用されている訳ではありません。One difference between what the reporter wrote and what I tried to tell him is that the reporter wrote about "experiencing differences directly," whereas I stressed that an advantage of a class like ours is that students can "notice not only differences but also common points as well." 記者が書いたことと私が言ったことの違いの一つは、「違いだけでなく、共通点にも気がつくこと」が直接交流することのメリットであると説明したつもりですが、記事では「共通点」の文字がなく「違いなどを肌で感じてほしい」という表現になっています。

I'm sure that the reporter did his best to put the article together and get it published on time. 記者の方は締切までに記事をまとめようと、ベスト尽くしただろうと思います。There probably wasn't enough time to send me a copy of the text so that I could check it for accuracy before it was published. 活字になる前に、引用等が正確かどうかを私に確認させる余裕はなかっただろうと思います。

Still, I thought I should point out that the "quotation" in the article is slightly different from what I thought I said because I think it's very common (both in Japan and other countries) for quotations in newspapers to be somewhat inaccurate. それでも、私が言おうとしていたことと記事の中の「引用」との間にずれがあることを指摘したいと思ったのは、日米を問わず、新聞の中の「引用」が必ずしも正確でないことがよくあるからです。When you read newspaper articles, it's a good idea to bear in mind that the facts and quotes may not be 100% accurate. 新聞の記事を読む際、内容や引用は100%正確ではないかもしれないということを頭の片隅においておくと良いでしょう。

No comments: