Media critique

During our last class, I showed a video of a show called "Cool Japan." 前回の授業でCool Japanという番組のビデオを見せました。The show was about mottainai. 番組のテーマは「もったいない」でした。I said that the way the foreigners in the show spoke English to people on the street, who should not be expected to be fluent in English, struct me as rather odd. 番組に出ていた外国人が町の人(英語が得意とは予想されないような人)に英語で話しかけていたことが気になると言いました。Over the holiday, I started to prepare a video critique of this that makes the reasons for my concern clearer. ゴールデンウィークの間、Cool Japanにおける英語の使い方の問題点を分かりやすく説明するビデオを作り始めました。I'm not done with this so I can't show it to you yet, but when it's finished I'll show it in class and also post it to YouTube so I can put it on this blog. まだ作り終わっていないので見せることができませんが、作り終わったら授業でも見せようと思っていますし、また、YouTubeに出してからこのブログにも載せようかと考えています。

By the way, I did a video critique of another Japanese TV show called "Koko ga hen da yo, Nihonjin" (one that is no longer on the air) earlier this year. ところで、今年の春に「ここがへんだよ、日本人」を批評するビデオを作りました。I've put that on YouTube. YouTubeで公開しました。Here it is:

No comments: