Here are some comments from your blogs.  皆さんのブログからのコメントを紹介しましす。
I believe that most Thai people, especially those in their twenties like me, are quite familiar with the word "Minamata" for it is not only written in our social sciences textbooks since grade 4 but also has long been repeated countless times on TV news reports. ほとんどのタイ人(特に、私のような20代のタイ人)はMinamataという言葉を知っていると思います。小学校4年以上の教科書に書かれているだけでなく、繰り返しテレビのニュースに出てきます。Reading about how the people in Minamata fighting back for their own rights reminded me of home and Map Ta Phut. 水俣の人々が自分たちの権利を守るためにどのように戦ってきたかについて読んでいると、自国のMap Ta Phut (マッタープット工業団地)との共通点に気がつきました。From Minamata to Map Ta Phut
水俣病患者の方々にあって、彼らの生き様は本当にすばらしいと思いました。I was really impressed with the wonderful attitude towards life shown by the Minamata disease patients. ゼミ旅行
水俣病患者の方々の話を聞いて自分の知らなかったこと、教科書には書かれていなかったことを勉強した。At Hot House, I learned many things that I had not known before and that were not in the textbooks I read as a child. 生きるために一生懸命とか、考えたこともなかったけど、この人たちは懸命に生きようって頑張っている。I had never thought much about how I live my life but I realized that these people are doing their best to live life to its fullest. 今自分たちが5体満足でいることを当たり前って思ったらいけないと思った。We cannot take our health for granted. 大げさかもしれんけど少し生き方が変わった。 I feel like I learned something important about how to live my life. Seminar trip
This blog entry has a photo of Tomoko Uemura, who had congenital Minamata disease and, sadyly, died quite young. この投稿には上村智子さんの写真があります。上村智子さんは胎児性水俣病を煩っていて、悲しいことに若くしてこの世を去りました。 水俣病について
It's obvious that the Chisso corporation is trying to weasel out from the responsibility of compensation. 私から見れば、チッソが分社化で水俣病患者の賠償責任から逃ようとしていることは明らかだ。チッソの分社化

No comments: