The Chrysanthemum and the Sword

Early in the semester, we talked about "shame" in Japanese culture. 学期の前半には、日本文化における「恥」について話しました。

I think the idea the shame is particularly important in Japanese culture came from The Chrysanthemum and the Sword by Ruth Benedict. 日本は「恥の文化」であるという観念はルース・ベネディクト著の『菊と刀』からきたのではないかと思います。

Please read the following passage (in either English or Japanese) in preparation for our next class. 来週の授業の準備として、次の部分(英語か日本語のいずれかで結構です)を読んでください。

No comments: