Making a difference or giving up

In class today, everyone answered the following questions. 今日の授業で皆さんが次の質問に答えました。
I think that my actions may change society. 自分自身の行動で社会が変わる可能性があると思います。

The world can't be changed so one should just give up. 世の中は変えようと思うのは無理だから、諦めた方がいいと思います。

The sample is small and the difference is not great but I think that the results, particularly in regard to the second question, do indicate a stronger tendency among the Japanese students to see the world as seken (世間) that one must accept rather than as "society" (社会) that one can change. サンプルは小さいし、大きな違いではありませんが、特に「諦める」ことについては、留学生よりも日本人学生の方に世の中を、変えて行ける「社会」ではなく、受け入れないといけない「世間」として見る傾向があるという仮説を裏付ける結果だと思います。

No comments: